アンティークにも人気車種にも程遠い、私の軽自動車

admin | 2014年9月10日 | COMMENTS:Comments Closed

“中古車でしか買えない車ってあるのかなって思ってインターネットで調べていたら、自分が現在乗っている軽自動車が該当するみたいでビックリしました。2007年には生産終了されていたんですね…。

そういえば販売ディーラーからはがきが来ていたような気がします。私が乗っている軽自動車を購入したい人は中古車で買うしかないんですね。

私の軽自動車は新車販売ディーラーから購入したのですが、もう7年も乗っているので価値もないでしょう。それに人気車種でもないみたい。

中古車販売のサイトを見ても値段が低く、たまに高い値段があっても走行距離が少なくて年式も生産終了年の軽自動車…。人気車種に比べると、販売価格もなにもかもが雲泥の差…。

道具や家具なんかは100年以上経てば「アンティーク」と呼ばれて価値が出るけれど、7年ものじゃ「ジャンク」と呼ばれる価値のない古道具でしかないんですね。なんて可哀想な私の軽自動車…。100年乗るのは無理だけれど、あなたが壊れるまで乗り続けるから、廃車になるまで一緒にがんばっていこうね。…なんて、愛車に話しかけるのでした。”

Category: 中古軽自動車

無料査定のサイトで記入漏れしたら、大幅値下げになった・・・

admin | 2014年8月10日 | COMMENTS:Comments Closed

“3年乗った軽自動車を買い替えようと下取りしてもらったのだが、他社製品だったせいか、それとも犬を乗せていたせいか新車販売ディーラーではあまり良い金額を提示してもらえず、中古車の買取専門業者に査定してもらうことにした。インターネットサイトの買取業者の無料一括査定を行い、提示額が良かった中古車買取業者を2、3件打診して出張査定を依頼。A社40万円、B社35万円、C社45万円からどう変化するのか楽しみにしていた。

しかし、実際に査定してもらうと「煙草吸われるんですね」とか「うしろのほうにぶつけたあとがありますね」と厳しいチェックを受けた。後方の事故は単純な記入漏れだが、煙草は犬の臭い消しのために使用した消臭スプレー3本分と天日干しの努力で気付かれないと思っていたのに…。

「犬や煙草はわかる方にはわかります。嫌いな方は臭い敏感ですしね」とのことだった。黙っていればわからないだろうと高を括っていたのがマズかった。おかげで査定額が12万円も引き下げられ、一番高い業者で33万円に。

人気の軽自動車でもこの値段になるとは…。それでも中古車の買取業者のほうが価格が上だったので、そちらで引き取ってもらうことにした。”

Category: 中古軽自動車

中古車も数十年経てばノスタルジックに変わる?

admin | 2014年7月10日 | COMMENTS:Comments Closed

“クラシックカーやヒストリックカーと言えば、アメリカやドイツ、イギリスなどの名車を思い出しますが、国産の中古車でもクラシックカーに含まれる車種があるようで驚きました。国産メーカーが1950~1960年代に発売した車たちは、すでに50年以上経っているのです。

正確にはノスタルジックカーと呼ぶようですが、僕が生まれたばかりの頃は中古車扱いだっただろうに、さらに数十年経てばビンテージ扱いになるなんて不思議なものです。

1950年代の国産ノスタルジックカーは排気量が1,000㏄~1,200㏄で、高級車やスポーツカータイプがようやく1,500㏄という時代。排気量だけを考えれば走りそうですが、今の軽自動車よりも性能は劣っているかもしれません。六連星の別名を社名にしている販売メーカーのクラシックカーは356㏄ですから、軽自動車とも呼べませんよね。

僕の上司もクラシックカー好きで、飲み会なのでたまに愛車自慢をされます。もちろん中古車とか性能は軽自動車以下なんて言葉は禁句です。愛知県に本社を置く会社の最初の高級車だそうで、この車の最大の特徴はドアが観音開きであること。仏壇か!とツッコミたくなるのを我慢して、すごいですねと相槌を打っています。”

Category: 中古軽自動車

農作業用の軽トラックが生産中止になっていた!

admin | 2014年6月10日 | COMMENTS:Comments Closed

“ずっと乗り続けていた軽トラックがとうとう走らなくなったので、これはイカンと買い替えることになった。とはいえ、予算が無いので中古車で軽自動車を探すことに。僕は会社員だが、実家は農家を営んでいるので軽トラック、できれば同じ車種がいいとのこと。

インターネットの中古車販売店サイトで探してみるとたくさん出てきたので安心したのも束の間、生産終了モデルのサイトでしっかり車種名が記載されていた。おそらく両親は購入したら乗り潰すまで走らせるだろうから、次に同じ車種をさがすとなると、年式の古い中古車か違う車種を探すことになるだろう。

なので、できるだけ年式の新しく、かつ安い軽自動車を探した。しかし年式が新しいものは走行距離が短いこともあってか、ほとんど値段が高い。それでなくても軽自動車は中古車市場では人気が高いのだ。軽トラックでも需要は多いはずだから無理もなく、仕方なく値段で探すことにした。

予算の60万円前後で探すと、2~3年前の年式の車が予算に合う。両親にこれでいいかと念押しして、商談の際には僕も一緒についてゆくことにした。修復歴はないとのことだが、きれいな中古車であることを願っている。”

Category: 中古軽自動車

懐かしい軽自動車を中古車で探そう

admin | 2014年1月18日 | COMMENTS:Comments Closed

泡のような好景気がはじけた頃、一代ブームを巻き起こした軽自動車が生産終了されたことをネット情報で初めて知った。もうこの軽自動車を手に入れるには中古車しかないということか…と時代の流れを感じている。この軽は僕が初めて購入した車だった。

三つの菱を社のシンボルとして掲げている自動車メーカーが発売した軽自動車がバカ売れしていた頃、俺は入社2年目を過ぎていて、そろそろ車が欲しいなと物色していた頃だった。1,500㏄くらいの普通車であれば新車でも中古車でもいいなと考えていたところに、この軽自動車の発売だ。本格4WDシステムを兼ね備えた軽自動車という響きに惹かれた。

この自動車メーカーで同名のSUV車も人気だったが、値段は300~350万円で排気量も3,000㏄を超える大きな車であったため、当時の俺の予算ではちょっと無理だった。でも軽なら…というような値段だったのだが、それでも140~160万円くらいはしたはずだと記憶している。

もうとっくの昔に手放してしまったのだが、ニュースを読んで懐かしく思えてきた。ちょうど車を買い替えようと考えていたところだ。中古車情報を漁ってみて久しぶりに乗ってみようかと思っている。

Category: 中古軽自動車

軽自動車の中古車をコネで買おうとしたら…

admin | 2013年12月27日 | COMMENTS:Comments Closed

通勤で車が必要になったので、中古車販売店で働いている男友達に軽自動車の中古車を安く売って欲しいとお願いしたら「無理」と一蹴されました。取りつく島もない友人の態度にムッとして「なんで?」とふくれてみたのですが、友人の話によると「軽自動車の中古車は人気があるから高く売れるんだよ。コネで軽自動車を安く欲しいなんて甘ったれたヤツに売るよりも、本当に中古車が欲しいっていう人に売ったほうが儲かるに決まってんじゃん」と言われてしまいました…。

うぅ…反論できない…。私は「車が必要だけど中古車にしようか→友人が中古車販売店で働いている→コネで軽自動車を安く売ってもらおう」という考え方でした。反論もできずにいると、友人から「型式が古くて人気車種じゃなければ、軽自動車でも安いものがあるけど」と救いの手が。

実際に彼が働く中古車販売店で見せてもらうと、確かに8年前の車種で、あまり可愛くないし色も地味だけれど、諸経費もろもろ込みで30万円と格安でした。走行距離も40,000㎞走ってないから、かなりお得かも。乗り潰すつもりで乗ったほうがいいという助言を受けたので、そうするつもりです。

Category: 中古軽自動車

安い車には安い理由がある

admin | 2013年10月18日 | COMMENTS:Comments Closed

近くの中古車販売会社に出掛けてみた。そのお店の売りは低価格中古車の販売店として店頭にも看板があった。

”30万円以下の車多数在り”と出ていた。確かに30万円以下の軽自動車の中古車が数十台展示されていた。軽自動車のほかにもコンパクトカー・普通車・ワゴン車と多数の車種が並んでいるのは確かである。

ただし、どの車もかなりの走行距離・高年式の車・加えて多少のすり傷が何処かしらに見受けられるのが気になり、販売員にその事を確認したところ、中古車だから多少のキズは仕方ないとの事を言われた。

しかしキズがあるからといって修理して販売する事はしないと言う。依頼されれば別途修理代金を頂いた上で直すとの事だった。あらかじめ修理してからでは低価格での販売は無理ということだろう。安い中古車に多くを望んではいけないのである。

販売員の説明では当店では低価格の中古車のみを扱っているとの事だった。キズの無い軽自動車の中古車を探すのであれば別の中古車販売会社に行って下さいとの事。なんとも割り切らなければいけないのが気に入らない。

実際の車と販売価格で宜しければお買い上げ下さいとの事である。確かにそうかもしれないがやはり納得がいかない思いでその中古車販売会社を出てきた。

Category: 中古軽自動車

あまり大きい展示場では迷いがつきもの

admin | 2013年10月9日 | COMMENTS:Comments Closed

今の時代、一番売れている車はやはり軽自動車ではないだろうか?高燃費でスタイリッシュな軽自動車が各自動車メーカーの販売台数の上位を常に占めているのも事実である。

多くの新車が販売されるかたわらでやはり下取りや買取に回されている軽自動車の台数が多いのも事実であり、新古車の存在も見逃してはならない。

新車は予算的に無理とか、先ずは中古で試し乗りとかを考えているユーザーにとっては、軽自動車の中古車は、車種・種類・台数の点からして大変有益なクラスの自動車ではある。

また、金額面もしかりである。メーカー・車種・グレート等、余りにも多すぎて迷う程である。中古車展示場にいってみて思うのだが、半分以上を軽自動車の中古車が占めている販売店も多いのである。それも100台以上はあろうかと思う展示場でほぼ半分以上占めているのである。

同じメーカー・車種で色違いがあったり、年式の違いだったりと、種類も豊富である。軽自動車の中古車を選ぶ時は、台数が余りにもありすぎて選ぶのが大変に思うほどである。事前にメーカー・車種・グレード・色、予算をチェックする必要があると思うのである。

Category: 中古軽自動車

お目当ての中古車の選び方

admin | 2013年9月21日 | COMMENTS:Comments Closed

中古車販売店にはいろいろありますが、新古車からスクラップ同然の車まで、販売されている中古車は多種・多様である。その中から自分自身が気に入った軽自動車の中古車を探すのはなかなか大変な作業である。

今では、中古車のみが掲載されている雑誌も多数出版されており、地域・車種・メーカーごとに絞り込みをする事も容易に可能ではある。自らわざわざ中古車の展示場を駆け回る必要など無いように思えるのだ。

加えて、中古車販売会社がWeb上にホームページを開設しているケースも数多くあり、実際に車の状況を各角度から写真で見ることかできキズの箇所まで丁寧に表示してくれる会社もあるので有難いものである。

Web上でお気に入りの軽自動車の中古車の年式・販売価格・状態を確認した上で実際の車を見に行けば良いのである。以前のように近くの中古車販売会社を片っ端から廻り、自分のお目当てを探す作業など不要とも思えるのである。まあこれはこれで楽しみの一つではあるのだが。

ただ、購入する場合においては、やはり中古車であることを忘れてはいけない。新車との違いは車の状態が全ての場合違うことである。一台一台よく確認して最終決断をする事が必要不可欠である。中古車といっても高い買い物であるのだから。ましてやクーリングオフなど無いので返品できないという事を肝に銘じておこう。

Category: 中古軽自動車

中古車を買うときの考慮点

admin | 2013年9月11日 | COMMENTS:Comments Closed

車の購入にあたっては、車の維持費を考える事は当然の事と思うのであるが、車を一台所有するだけでも結構な維持費がかかる事に驚きがある。しかし、移動の手段として無くてはならない場合には車を所有するのは致し方ない事との考えと維持費がかかるのは当たり前と諦めもする。

車の購入資金資金の他に諸経費として、税金・整備費用・任意保険などがある。あとは燃料費(ガソリン代)である。固定でかかる税金・任意保険料は、車の排気量・グレードによってかなりの違いがあるので検討したいものである。

税金は、軽自動車の場合には、普通車の6分の1程度であり、一日当たり20円である。普通車の一日当たり120円強が高いか安いかは人によって認識が違うのだと思うのだが。

ただ、町乗りや職場との通勤でさほどの距離を走らないのであれば軽自動車でも差し障りは無いと思うのは私だけではないのでは。通勤で毎日、一時間以上も走るのであればそれなりの高燃費で楽に運転できる車にしたいと思うのだが。10分そこそこの距離を往復するのであれば軽自動車の中古車でもいいかな?という選択肢が最善と思うのである。

また、軽自動車の中古車と言っても高燃費でスタイリッシュな車も多数販売されているのも事実である。テレビのCMで毎日見るのも軽自動車のCMの方が多いように思えるのである。

Category: 中古軽自動車