中古車にはそれなりの経費が必要

admin | 2013年9月2日 | COMMENTS:Comments Closed
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 中古車にはそれなりの経費が必要
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
中古車にはそれなりの経費が必要中古軽自動車で素敵なカーライフを送ろう!

軽自動車の中古車を実際に五月に購入した。初年度登録は平成22年3月である。

購入時点では既にナンバーが外された状態の車であり、軽自動車販売会社のデモカーとの事だった。走行距離は、12,000kmで外装・内装ともにキズ・汚れ等は一切無し、オプションもETCやカーナビ、盗難防止装置付きで追加オプションなど不要な軽自動車の中古車であった。

実際には家族が切望していたのであるが、現車を少しだけ走行してみた上で購入を決めてしまったようである。車の乗出価格は80万円と決して安い買い物では無い。後で見積書を確認して判った事があった。それは、中古車の場合には購入時に整備費用や納車準備費用などの新車購入時には発生しないハズの整備費用と称する費用が改めて請求されるという事。さらに車検が切れていた場合改めて車検を取得する場合には、納車点検費用なる項目と称するものが発生する事が改めて分かったのである。

登録手数料の39,900円は仕方の無い費用なのだが、車の整備費用と称して75,600円も経費計上されていたのには驚いた。新車の購入時は決して発生する事の無い費用である。中古車を購入する場合には、新車購入時には発生しない費用が多く取られる事も考慮する必要性を強く感じた。
経費

Category: 中古軽自動車

Comments are closed.